Nanasan System

 トップページ > 自己紹介



自己紹介

ななさんシステム(Nanasan System)

ななさんシステムは、広瀬耕二(ひろせこうじ)が、個人事業主として仕事をする際の屋号です。 「ななさん」は、777(スリーセブン)をひらがな読みにしたもので、「起業活動を通じて、多くの人が、幸せになるビジネスを展開したい!」という想いをこめています。

さいたま市在住で、主に、埼玉県や東京都内を中心に活動しています。  サービス(業務内容)をご確認の上、お問い合わせください。


広瀬耕二(Kouji Hirose)

★仕事
ものを作ることが大好きで、「ものづくり」の仕事は、僕の天職です。 プログラミングとドキュメント(書類)作成が得意です。
★職歴
2つの企業で12年間、東京の様々な現場(数人〜1,000人規模のプロジェクト)で、システム開発(主にソフトウェア開発)の仕事をしてきました。 開発工程は、要件定義から保守まで、一通り経験しています。 新規製造・改造に関わったプログラムの規模は、1,000,000行以上です。
★好きな言葉
「勇気」「決断」「行動」です。
★その他
出身校:日本電子専門学校です。 高校は埼玉県立蕨高校、中学は川口市立西中学校です。
血液型:O型です。 性格から、よくA型に間違われます。
長所 :「自発的に仕事に没頭できる」「複雑な事を分かりやすく表現できる」
趣味 :ゲーム、ランニング、スノーボードです。 頭も体も動かす事が大好きです。
特技 :整理整頓です。 「物の整理は心の整理」だと思います。
好物 :カレーライス、お好み焼き、バウムクーヘンです。 食べ物の好き嫌いは、ありません。
愛読書:半日村(斉藤隆介・作/滝平二郎・絵)です。 この本は、僕の原点です。
プロフィール写真(現在)

人生の軌跡(自分史)

1976年7月、大阪で生まれる。 1歳の頃、父親の仕事の都合で埼玉に引っ越す。

小学校時代は、自習時間にクラスメートがお喋りする中、1人黙々と課題に取り組む性格だった。 勉強は得意な反面、スポーツは不得意で、かけっこは遅く、跳び箱も逆上がりも苦手。
しかし、6年生の冬、学校主催の「持久走大会」に、小学生最後という理由で練習に励んだところ、真ん中ほどの順位でゴール(それまではブービー賞)。 担任の先生から「努力に勝る宝なし」の言葉をもらい、持久走が好きになる。

中学生時代は、勉強とスポーツの両方に励むが、英語だけは苦手意識から抜け出せず、中学2年生で諦めてしまう。 スポーツは、バスケット部に所属していたが、駅伝部(各クラブから長距離走が得意な子供を集めて臨時で作られる部)に選抜され、市の大会に出場。 持久走が一層好きになる。

高校時代は、陸上部(長距離班)に入部。 1年生からレギュラーに選ばれる。 勉強は、成績が一向に上がらないことへの不満が生じ、「勉強の意義」を見出す事もできなくなり、2年生で赤点を出してしまう。 勉強とスポーツとのギャップが大きかったため、陸上一筋の高校生活を送る。

浪人中、ゲーム会社が運営する学校の存在を知り、「ゲームを作りたい」衝動に駆られて見学する(ファミコンが大好きだったため)。 高校の先生に相談すると、「専門学校でもゲーム科はある。万一の事を考えると、専門学校の方が良い。」とアドバイスされ、勧められるまま日本電子専門学校を見学。 卒業生が制作した作品に触れ、入学を志望。 予備校に通っていたが、両親に土下座して懇願し、許しを得る。

PC(パーソナル・コンピュータ)に触れること無く、初心者のまま、日本電子専門学校に入学。 同級生の大半はPC経験者だったため、周囲との大きなギャップに悩む。 「周りは周り、自分は自分」の精神で、自分をライバルと決めて勉強に専念。 また、両親に頼んで当時高額なPCを購入してもらい、自宅で課題(学校の続き)やPCの演習に励む。 2年生後期、各クラスから選抜される卒業制作の発表者に選ばれ、自作の作品を発表。 卒業後、IT関連の会社に就職する。

社会人一年目は、仕事の結果が出せず、空回りする日々が続く。 上司に「広瀬、お前は新人だから、俺はお前に10を求めてはいない。 5でいいんだよ。 でも、お前は1か2しか、できてない。」と叱られ、挫折感を味わう。 危機感を感じて、周囲にアドバイスを求めたり、本を購入して学んだ事を実践したりするなど、自己研鑽に励む。 その結果、周囲からの評価が少しずつ変化してゆく事に気づく。

挫折と、その挫折を克服した経験から、
「仕事は、知識や技術ではなく、人間性で決まる」
「人間性を高めるには、人、仕事、本から学び、実践することである」

という結論にたどり着く。

34歳の時、長期間の激務が原因で体調を崩し、休職の勧めを断って退職。 約1年間、生き方を模索し、起業を決意。 現在に至る。

プロフィール写真(保育園) プロフィール写真(小学生) プロフィール写真(高校生) プロフィール写真(卒業制作) プロフィール写真(社会人)

人生について

人生とは、何でしょう?

人によって、意見は千差万別ですし、これが正解と言い切るものではありません。
ただ、人生に対する考え方(=哲学)をどう持つかは、生き方の指針となります。

僕は、こう考えます。
「人生は、1度しかないもの。 だから、一生懸命生きなければ損。」

社会人1年目の時、派遣先の現場でフリーランスの方と出会い、強烈な憧れを抱きました。
会社に属さず、己の力で仕事をとって生きるスタイルだと感じたからです。

「いつかは自分も、そういう生き方をしたい。」
その想いを実現するため、好きな事を仕事にするために、起業しました。



E-Mail:k-hirose@nanasan-system.com